ロードバイク購入と同時に揃えて買いたい”必須アイテム”

ロードバイク購入と同時に揃えて買いたい”必須アイテム”

ロードバイクの購入は済みましたでしょうか??

次に購入しなければいけないのはロードバイクに乗る時に必要なアイテムです。

 

ロードバイクを購入した後に、いきなり沢山のアイテムを揃えようとすると、金銭的に厳しいですよね…

なので、最初はとりあえず必要最低限のアイテム」だけ揃えましょう。

 

今回は、その必要最低限のアイテムを紹介します。

 



ペダル

 

購入したロードバイクの完成車には、基本ペダルがついていません。

その場合は、ロードバイクを購入したお店でペダルを購入して、一緒につけてもらうといいでしょう。

 

最初からビンディングペダル(専用のペダル)だとシューズまで購入しなければいけないので、金銭的に厳しい方は最初はフラットペダル(普通のペダル)でいいと思います!

私も最初はフラットペダルにして、後からビンディングペダルに変えました。

 

 

ヘルメット 

 

ヘルメットは必需品です。

ロードバイクは、車道を走ることが多くなりますので、車との事故の危険性も増えてきます。

必ず購入しましょう!

 

また、レースなどのイベントに出るためには「JCF公認マーク」というシールがついているものが必要です。

公認ヘルメットとは、「ヘルメットの性能およびその試験基準」をクリアしていないと公認ヘルメットにはならないようです。

 

f:id:swptempy:20181008224429p:plain

 

↑↑↑「JCF公認マークつきヘルメット」

 

 

ライト

 

ライトは、夜間以外にもトンネルを走行している時や、雨の日などにも使います。

特に夜間はライトを照らさないと法律に違反するので、絶対にライトは用意しましょう!

 

ライトには「電池式」「充電式」があります。

このことはまた別の記事で説明しますね!

 

  

 

 

テールライト

 

テールライトは、後ろから来る車や自転車に自分の存在を知らせる役目があります。

夜間やトンネル内はもちろん、昼間でもつけておくと、安全性が上がります!

明るいからといって相手は自分の姿が必ずしも見えているわけではないので、照らすか照らさないかではかなり効果は違います!

 

  

 



 

ロードバイクの盗難は稀ではありません。

鍵をかけないで数分放置しただけで、すぐに盗まれちゃいます。

絶対に鍵は用意しておきましょう。

 

鍵は、

・ワイヤータイプ

・チェーンタイプ

・U字タイプ

 

などがあります。

 

私がオススメするのは、U字タイプです。

一番強度が強く、壊されることも少ないです。

ただ、U字ロックだけで自転車をロックしても担いで持ってかれるかもしれないので、ワイヤーでU字ロックと付近にある柵や鉄棒などを巻き込んめば、盗まれる可能性は圧倒的に下がります!

 

    

 

 

手袋(グローブ)

 

手袋は防寒の役目もありますが、手袋をつけるだけで落車の危険性を防ぐことが出来ます。

 

素手でハンドルを握っていると、手汗で滑り、ハンドル操作のバランスが崩れ、落車する可能性があります。

手袋をつけることで、しっかりハンドルを握ることができます。

 

夏の暑い季節でも、夏用の穴あきの手袋があります。

  

 

 

空気入れ(仏式)

 

自転車の空気入れは、バルブの種類が3種類あります。

「英式」「米式」「仏式」です。

 

日本の一般的な自転車には、「英式」が使われています。

 

ロードバイクやクロスバイクには、「仏式」が使われているので、仏式用の空気入れを購入しましょう。

空気圧も一緒に測れるものがあると便利です!

 

 



まとめ

最初はこのくらいのアイテムが揃っていれば十分でしょう。

また、走る時に着用するウェアも揃えたいところですが、ウェアも高価なものが多いので最初は動きやすい服装でサイクリングを楽しみましょう。

 

・ペダル

・ヘルメット

・ライト

・テールライト

・鍵

・手袋(グローブ)

・空気入れ(仏式)

 

とりあえず、これら7種類を揃えてからサイクリングへ行きましょう!

 



ロードバイクカテゴリの最新記事